安全なプラセンタサプリはどれ?|副作用や危険性が気になるなら

プラセンタの含有成分と特徴

プラセンタにはさまざまな栄養成分が含まれており、健康や美容に対する関心が高い人を中心に、注目を集めています。
ザッと含まれている成分を挙げますと、アミノ酸やたんぱく質、各種ビタミン類、糖質や脂質・脂肪酸、核酸、ペプチド、ムコ多糖類といった栄養が挙げられます。
これらの栄養成分が、プラセンタにはバランスよく含まれているのが特徴です
なお、なかでも含有量が多いのはアミノ酸となっています。
順にこれらの成分について解説していきますが、アミノ酸は血液や筋肉をつくるたんぱく質を生成するための素材になります。
ビタミン類は生理機能のバランス調整をおこなう役割を担っており、糖質は日々わたしたちが活動するためのエネルギー源となって活躍してくれます。
そして、脂質や脂肪酸は病気に強い体をつくるために欠かせず、核酸は新陳代謝や細胞分裂が適切におこなわれるために必須の存在です。
それから、ペプチドはたんぱく質の消化や吸収をスムーズにおこなうための役割を担っており、ムコ多糖類は細胞間の組成物質として重要な役目を果たしています。
そのほか、プラセンタには成長因子が含まれているということが見逃せません。
成長因子は胎児の健やかな成長を促す重要なはたらきをしていますが、新陳代謝を促進する効果が期待されているのです。
なお、この成長因子はプラセンタ特有のものあり、ほかのものからは補えないというのが特徴です。
また、成長因子は動物由来のものにのみ含まれており、植物由来や魚由来のプラセンタには含まれていません。

↑ PAGE TOP